患者を精神的にもケアする

患者を精神的にもケアする

5年ほど前までは“看護師さん”というよりは、“看護婦さん”と言うのが普通だった気がします。それが今は、“看護師”に統一された、なんてことを耳にしました。

 

看護師の仕事は勤務時間も夜勤があったり、日勤があったり・・・かなりきつい仕事です。医師とは違いますが、医師とは違った面で(例えば心理的・精神的な面)患者をケアすることも必要になってきます。

 

具合が悪く病院に行き、看護師に「大丈夫ですよ。」と声をかけてもらったり、入院中に「今日の調子はいかがですか?」「今日は顔色がいいですね!」とか言われるだけでも、少し元気になれるような気がする人は多いと思います。

 

年をとるにつれ、他愛もない会話をする機会も減ります。

 

そんな時に、看護師に少し話を聞いてもらうだけでも、精神的に満足しますし、頭の体操、リハビリにもなるでしょう。

 

そんな中、比較的ゆったり仕事ができる看護師というのが“企業看護師”です。

 

企業看護師とは、社員を対象にする仕事のため日勤メインで勤務状況も良いです。

 

そんな好条件の看護師企業の求人はほとんどなく、希望者が多いのとは逆に、需要が少ないという現状があります。

 

不景気で企業看護師を抱えている大企業がリストラなどコスト削減する中で、企業内看護師を廃止する動きも出てくる可能性もありますね。


 
inserted by FC2 system